マンションでの対処法

マンションでのトイレつまりの対処法

家庭において水回りと言われる場所は主にキッチン、洗面台、お風呂、シャワー、そしてトイレです。
そのいずれの場所も蛇口があって、排水口があって水を利用して流すという方法です。キッチンや洗面台、お風呂という場所は目に見えるところでもあり、排水口に異物を流さないようにフィルターがあり日常的に清掃も行うところでもあります。
しかしトイレは蛇口から出た水をタンクにためておいて、使用時に一気に流すという方法です。ほとんど水の力だけで流すことになります。

トイレはトイレットペーパーを使用します。トイレットペーパーは水に溶けやすく通常は流してしまうとすぐに溶けて分散して流れていきます。
しかしトイレットペーパーもあまりに多く使用するとすぐに水に溶けずにトイレつまりの原因にもなってしまいます。
多くの家庭のトイレもウォシュレットタイプになっていますが、それでもやはりトイレットペーパーは使用します。
またトイレットペーパーがなくなってしまった時に急遽ティッシュペーパーを使ってしまうようなことがあると、これもトイレつまりの原因になります。

ティッシュペーパーはトイレットペーパーと違い水に溶けにくいのです。またそれ以外に生理用品など誤って流してしまうこともあり、トイレにはつまりの原因となるものがあります。
またトイレの配管がどのようになっているかわかりにくいですが、実は結構細く曲がっているのです。そのためそこでつまってしまうことにもなります。
このようなトイレつまりで注意しなければならないのがマンションで発生してしまった場合なのです。
マンションの場合は排水管が上から下の階に繋がっていることが多いため、トイレつまりのために他の階の人にも影響を及ぼすことがあります。

またトイレつまりで水が溢れてしまうと溢れた水はいろいろなところから浸透してしまい、下の階の住宅に漏れ出すことがあります。
もちろんつまらないように気をつけることが大切ですが、マンションの場合はトイレつまりが起こった場合は管理人などに連絡するとともに、各階の状況を確認して、水回りの修理を依頼することが大切なのです。
このようにマンションでトイレつまりが起こった場合は、トイレを使用しないようにしなければ水が溢れて漏れてしまうことにもなります。連絡を取り合うなどして、修理できるまでトイレは管理人室のトイレを使用するなど対応をします。
つまっている箇所も原因もわからないうちに自分の判断で対処しないようにして、水回りの修理業者へ依頼しましょう。