水が便器から溢れる

トイレつまりで水が便器から溢れる

トイレつまりが起きる事で水の流れが悪くなってしまったり、詰まりが悪化する事で便器の水が流れ出なくなり、その結果次に水を流せば便器から溢れてしまう恐れがある為、トイレの利用が出来なくなると言う事態を招くことも有ります。

日頃から綺麗に掃除をしていても、トイレつまりは生じる事が多く在るのが特徴なのですが、排水管の老朽化などもトイレつまりの原因とされているのです。

トイレは日常利用していくことが多い設備です。
トイレを要して用を足した後は、水洗タンクの水を使って汚水を流すことになります。
この水は、排泄物やティッシュペーパーなどを便器の内部で細かくしてから排水管から下水へと流すことになります。

この時、築年数が経過している場合など、既に排水管内部には汚れが付着しており、ここにトイレットペーパーなどが絡み合って詰まりを作り出していくのです。
そのため、排水管内部もパイプクリーナーなどの洗浄剤を利用して掃除をしておくことで絡みにくい排水管にすることが出来るということなのです。

因みに、トイレつまりが生じた時など、排水管内部を掃除するパイプクリーナーを利用する事で詰まりが解消できるのではないかとイメージする人も多いのですが、トイレつまりと言うのは異物が排水管内部に溜まっている状態であり、この状態でパイプクリーナーを利用しても異物を取り除くことは難しいのです。

水の流れが悪くなったと感じた時は、ラバーカップ(もしくはスッポンとも言います)を利用して便器の排水講に押し当て水圧を与えて上げる事で内部に溜まっている異物を取り除いてくれて、水の流れを解消させることも出来ます。

尚、トイレつまりはこのように自然に起きる場合もあれば、異物を詰まらせてしまい水の流れが悪くなったり、便器の水が排出されなくなるケースも有ります。
例えば、トイレに持ち込んだ携帯電話を便器に落としてしまったケース、子供のおもちゃを落としてしまったケースなどが挙げられますが、これらは落とした後に拾い取ることで詰まりにはなりませんが、取り損ねてしまって便器の排水講の奥の方に入り込んでしまうと厄介な状況になります。

この場合は素人では手におえるものではなく、専門業者に修理の依頼をする形になるのです。
便器を一旦取り外してから、便器を裏返しにして排水溝に詰まった異物を取り除く形になります。
また、トイレに流してはいけないものを流した場合もこのような方法で取り除かなければならないケースが出て来ます。

赤ちゃんのオムツやペットのおしっこ用のシート、生理用品などは便器には捨ててはならない物であり、これらを流すことで詰まりが起きてしまい、便器から水が溢れると言う事態を招くことになるのです。

最新投稿

  • トイレ詰まりの料金

    トイレ詰まりの料金について トイレは普段の生活においてよく使う場所なのですが、水漏れや詰まりなどといったトラブ …

    続きを読む...